令和2年度が,児童数463名,教職員数51名,17学級,通級指導教室1,日本語指導教室3学級でスタートしました。(5月1日現在)
 本校は明治8年(西暦1875年)3月に,絹水小学校と文海小学校が合併し,水海道小学校としてその歴史がスタートしました。今年で,創立145年目を迎えた県内でも有数の歴史と伝統のある学校です。
 本校は,教育目標に「心やさしく たくましく 夢に向かって 自ら学ぼう」を掲げて,その目標実現に向け,「安心できる学校」の中で健やかに成長できるよう,全職員力を合わせて取り組んで参ります。
 児童にとっての「安心できる学校」とは,よくわかる授業の中で一人一人が自分の力を発揮できること,教室が自分の心の落ち着く場となるよう友人関係の中で起きる諸問題を望ましい形で解決できること,点検整備された衛生的な施設で学習活動が行えること等が含まれてきます。その中で現在,衛生面で大きな課題となっているコロナウイルス感染症の感染防止対策につきましては,常総市教育委員会と共に全力で対応して参ります。
 水海道小学校の教育は,地域の皆様のご協力をいただいて一歩一歩前進して参ります。その歩みの中で,子どもたちが水海道の自然を愛し,歴史を学び,地域を担う人間となるように,新しく「歴史と伝統 そして未来をつくる」とスローガンを定め,社会に開かれた教育活動を展開して参ります。
 今後とも,保護者の皆様並びに地域の皆様のさらなるご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 

                                                                                         第41代 校長 蛯原 高司