ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム常総市立飯沼小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです
〒300-2746
茨城県常総市鴻野山859-1
TEL 0297-43-7527
FAX 0297-43-7597
E-mail 551405@sch.ibk.ed.jp

交通アクセス(地図表示)

googlemap 

  常総市のWEBサイトへ

 茨城県教育委員会WEBサイトへ

メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

更新情報

新入児体験入学

2019年2月18日

2月15日(金) 新入児体験入学

 来年度入学予定の新入児の皆さんが,本校に体験入学で来校しました。

 はじめに,2年生が学校紹介として,主な行事の写真とともに学校生活の様子を説明してくれました。その後,新入児の皆さんに校舎の中を案内したり,1年生の体育の様子を見学したりしました。

 校舎内見学のあとは,多目的室で「じゃんけん列車」を行いました。見学でペアになった園児とじゃんけんをし,曲に合わせて次々にじゃんけんをして,楽しいひと時を過ごしました。

 新入児の皆さんが,実際に校舎の中を歩いたのは今回が初めてだったので,緊張した様子の中にも4月の入学を前に,目がキラキラと輝いていました。また,2年生も,お兄さん,お姉さんとしての案内役は,ちょっぴり緊張気味でしたが,無事に大役を果たすことができました。

 4月の入学を楽しみにしています。

全校集会

2019年2月18日

2月14日(木) 全校集会

 先月は,インフルエンザの流行により行われなかったので,久しぶりの全校集会になりました。

 県芸術祭や絵画コンクール,統計グラフコンクールなど,たくさんの賞状伝達があり,児童の活躍にうれしくなりました。

 看護当番の先生からは,今週の目標「外で元気に遊ぼう」について,寒さに負けず,体を鍛える意味でも,元気に遊ぶようにとの話がありました。うがい・手洗いをこまめに行い,かぜやインフルエンザ等にかからないよう,気をつけていきたいと思います。

 

スポーツウィーク

2019年2月18日

2月12日(火)~20日(水) スポーツウィーク

 2学期の学校評価の分析をもとに,児童の体力を高める手立てとして,スポーツウィーク(月1回実施)を設定することとなりました。1月は,「8の字跳び」を予定していましたが,学級閉鎖が相次ぎ,中止となってしまいました。

 今月は「しっぽ取り」です。低・中・高学年に分け,業間休みを利用して実施しています。初めての取組でしたが,とても楽しく取り組んでいます。ブロックごとに取り組む活動は,あまりないので,その点もよかったと思います。来月は,児童が大好きなドッジボールを予定しています。

3年総合的な学習の時間

2019年2月7日

2月6日(水) 「やさしさを広げよう」

 3年生が,総合的な学習の時間「やさしさを広げよう」の学習で,常総市社会福祉協議会の皆さん,NPO法人WITHの長島様,講師として小林様,野本様,そして,手話サークルの皆さんを招いて,福祉体験学習をしました。

 3年生は,全体での話のあと,「手話体験」,「視覚障害についての体験」,「車いす体験」の3つのグループに分かれ,お話を聞いたり,実際に手話や車いすなどの体験をしたりしました。

 視覚障害者の方や車いすの生活をしている方の実際の生活について話を聞くことは,とても貴重な経験になったと思います。今日の体験学習のあとは,話を聞いたり,体験したりしたことなどから,「自分たちにできることは何か」を考えていく予定です。みんなのやさしさがたくさん広がることを願っています。

 

東京理科大 小林宏先生来校

2019年2月7日

2月6日(水) 国語「ゆめのロボット」から夢の対談

 4年生の国語「わたしたちの生活とロボットについて考えよう」の学習の発展で,「ゆめのロボット」を研究している,東京理科大学の小林宏先生に来校していただくことになりました。

 小林先生は,教科書に提示されている「マッスルスーツ」の考案者で,人の役に立つロボットの研究をされてきました。重いものを持ち上げるときなどは,この「マッスルスーツ」を着用すると,腰の負担が少なくなり,楽に仕事ができるそうです。今日は,学習したことから,自分の考えた「ゆめのロボット」について,小林先生とディスカッションをしたり,実際に「マッスルスーツ」を着用させていただいたりして,ロボットのすばらしさを実感することができました。

 4年生は,小林先生と2時間近く交流させていただきましたが,まだまだ聞きたいことがたくさんあったようでした。最後にサインをいただいたり,記念写真を撮ったりして,お別れをしました。先生の研究の源は,「人の役に立つ」ロボットをつくる,ということです。もしかすると,4年生の中から,小林先生のように,いずれ研究に携わる人が出てくるかもしれませんね。とても貴重な体験をすることができた4年生でした。

避難訓練

2019年1月25日

1月25日(金) 避難訓練

 今日は,地震の後に火災が発生した場合を想定して,避難訓練を行いました。避難するときの合言葉,「お・か・し・も」を守りながら,落ち着いて避難することができました。

 避難した後,教頭先生からは,「今日は,教室から避難しましたが,災害は,いつどこで起こるか分かりません。どんなときでも,落ち着いて避難できるようにしていきましょう。」というお話がありました。「休み時間に災害が発生したら」,「教室ではないところから避難することになったら」,など,いつもとは違うところで災害が発生する,避難を始める,といったことを考えてみるのも大切になってきます。

 このところ,空気が乾燥しているため,身近なところでの火災が増えています。学校でも,ストーブやガスコンロなどの使用がありますので,十分に気をつけていきたいと思います。

国語科要請訪問

2019年1月25日

1月24日(木) 国語科要請訪問

 今年度,最後の要請訪問が行われました。今回は,説明文における「書く力」を高める学習指導を行いました。

 2年2組 ハナタカ説明書を作るために,説明文には何が書かれているかを読み取る。

 3年1組 日本の家のつくりと工夫について,理由や事例を挙げて,文章にまとめる。

 4年1組 自分の考えた,「ゆめのロボット」について,実体験を交えた理由を考える。

 授業を見ていただいた先生方からは,児童が,「『書く』という活動に集中して取り組んでいる」,「課題に向かう姿勢がよい」など,前回よりもよくなっているとのお褒めの言葉をいただきました。授業改善の効果は,すぐに表れるものではありませんが,「書く力」を高めるための手立てを授業の中に取り入れてきたことは,少なからず,児童の変容につながっていると,私達教員も感じています。

 次年度に向け,さらに,児童の「学力向上」,そして私達教員の「授業力向上」に力を注いでいきたいと思います。

租税教室

2019年1月22日

1月22日(火) 租税教室(6年)

 筑西県税事務所の方をお迎えして,6年生を対象に租税教室が行われました。税のしくみや使われ方についてお話をしていただきました。今日は,身近なものに税金が使われているかどうかを考えるところから授業が始まりました。学校,ガードレール,横断歩道,信号機など,たくさんの建物や施設等の絵が描かれたカードが用意されていましたが,その全てに税金が使われていることを学習しました。また,税金の使われ方についてのDVDを視聴し,救急車や消防車の出動にも税金が使われていることも理解することができました。

 今後は,さらに世の中の仕組みを理解して,社会に興味をもって生活してほしいと思います。

母文読み聞かせ

2019年1月16日

1月16日(水) 母文読み聞かせ

 今日は,各学期に1回の全学年対象の読み聞かせでしたが,今日から1・5年で学級閉鎖になってしまい,母親文庫部のみなさまには,ご迷惑をおかけしました。児童は,いつもこの読み聞かせを楽しみにしているので,全学年実施できず,とても残念でした。

 6年生は,毎回,イバラッパーの青木さんがラップを聞かせてくださっています。手拍子や「JOSO!(JOSO!)」の言葉を入れるなどして,楽しむことができました。他の学年も,お母さん達の語りに聞き入っている姿が見られました。

 今年度は,1~4年生を対象に,あと2回の読み聞かせがあります。次回も楽しみにしていますので,どうぞよろしくお願いします。

学力診断のためのテスト

2019年1月10日

1月10日(木)・11日(金) 学力診断のためのテスト

 2日間にわたり,3年生以上の学力診断のためのテストが実施されました。冬休み中に,学習した範囲をしっかりと復習していたと思いますが,テスト直前まで,各教室で復習が行われていました。

 学力診断のためのテストは,学力の実態把握と年度内補充を目的として,学力の定着を図るために実施されます。そして,学校は,その結果から指導法の改善に努めていきます。また,テストの結果にとどまらず,きちんと理解できたところと,理解できていなかったところを把握し,今年度中に,補充指導を確実に行い,学力の向上を図りたいと思います。

 また,1・2年生は,観点別到達度テスト(国語・算数)を実施しました。こちらも学習内容がどの程度身に付いたかを把握します。3学期は,まとめの時期です。一人一人の学力の向上を目指して,授業改善に努めていきたいと思います。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる